国の借金

国が行う借金として聞いた事がある人もいると思います。
国債は国の行政機関が発行する債券の事を言います。
最近ではこの国債が何百億円になっているなんて話をニュースや新聞で見聞きしたことがあるのではないでしょうか。
また2011年に起きた東日本大震災の復興資金にもこの国債が使われていることを知っている人も多くいます。

ではそんな国債はどんなお金として国から発行されて、購入するのはどんな人、企業なのでしょうか。
国債は略称であって、正確には国庫債券と呼ばれる有価証券のことです。
また疑問が出ました。債券や有価証券は何なのでしょうか?

債券とは国や地方自治体、企業が発行して、投資家や投資ファンドなどが購入して国へ資金提供する事を言います。
そして債券は投資家から借金を行ったという国から借金証書として見られるのです。

有価証券とは財産権を表示する証券の一種で、権利の移転の行使には証券が必要となります。
手形や小切手、株券などがこれに当たります。
簡単に言うと、お金ではない財産を証明した物でお金に換算される物でしょうか。
自分で言っていて簡単に言っているとは思えないのが不思議です。

これら日本の国債を購入、または投資家はどのようにして利益を出しているのかを詳しく見て行きましょう。

© 2014 国債について | Template by DemusDesign | WordPress theme by Theme Lab